仮想通貨・暗号通貨の総合情報サイト BitSalon

  • 公開日:2015年7月30日
  • システム:Proof of Work/Proof of Stake
  • 時価総額:2017-06-26 26,268,665,295USD
  • 発行量:72,000,000 ETH + 5ETH/15s
  • ブロック生成間隔:約15秒

現在価格

1 ETH = 30000JPY

取り扱い取引所

  • CoinCheck:
  • poloniex:

過去の相場チャート

仕組みについての説明

イーサリアム(通貨名はイーサ/Ether)はビットコインと違い、取引情報をブロックチェーン上ではなく、スマートコントラクトと呼ばれるプログラムされた通りに動くアプリケーションに記述するものです。

将来的には、売買契約のほか、エクスロー取引、信託・預託、デリバティブ、株券、債券、ドメイン契約、仮想会社設立、デジタルコンテンツ、各種クーポンなどの分野に応用できるとの見方もあり、次世代のビットコイン(ビットコイン2.0)として注目を集めています。

歴史

2013年 開発構想がスタート
Vitalik Buterin氏、Gavin Wood氏によってイーサリアムの開発構想がスタート
2014年 プラットホーム開発・プレセール
プレセール時の価格は0.0005BTC/1ETHであり、当時の時価で約20円でした。
2015年 一般公開(β版:Frontier)
イーサリアムFrontier版

公開直後の価格は、0.08BTC/1ETHであり、プレセール時の価格と比べて、約15倍にもなりました。当時は、スマートコントラクトというイーサのみの機能が注目を集め、爆発的に人気が出ました。

2016年 安定版 Homesteadリリース
イーサリアムHomestead版

2016年で安定版がリリースされたものの、イーサリアムを利用したDAO(ダオ)がハッキングされ、イーサリアムも含めて価値を落とします。
その後も、ハッキング攻撃を受け続け、ハードフォークと呼ばれる脆弱性を持つイーサリアムを切り離す作業を行いました。

http://bitcoin-newstart.com/news-dao-down

2017年 以降
オフィシャル版:Metropolis、続いてマイニングが廃止されたSerenity版が順次リリースされる予定で、今後もイーサリアムの動向に目が離せません

イーサリアムを応援している企業・組織

その他

公式サイト:https://www.ethereum.org/
時価総額 https://goo.gl/TNYiQF